SevTech Ages始めました!

石器時代から徐々に時代を切り開いていくmodpack、SevTech Ages
そんな大型modpackを学生時代からの友人と二人で始めました!
このmodはバニラ好きの方でも楽しめるmodpackだと思います。
是非 ”株式会社 TomTech” を見てやって下さい(o*。_。)oペコッ

 

みなさんおハローございます、とむりんです!

今回はStorageBoxに変わるであろう便利modの紹介です!

そのmodはDankNull(ダンクナル)

ものすごく便利なんで知ってる方も、そうでない方も、興味ない方も覗いてみて下さいな(*´ー`*)

スポンサーリンク

DankNullってどんなmodなの?

知らない方は気になりますよね?

無限にしまえるわけではないですが、複数のアイテムを相当数しまえるようになります。

初めて使ったとき感動しました(*´▽`*)

で、追加されるアイテムはコチラ!

はいコレだけです(*´ω`)

分かりやすくていいですね!

今まではStorageBoxを必ず導入していたのですがDankNullを導入するようになってからは導入しなくなってしまいました。

作者さんごめんなさいm(_ _"m)

※導入にはp455w0rd's Libraryとゆう前提modが必要になります。

danknullの種類

で、danknullにはランク的なものがあり、上にいくほど所持できるアイテム数が増えます。

素材もきつくなりますけど(-_-;)

 

danknull MK Ⅰ

danknull MK Ⅱ

danknull MK Ⅲ

danknull MK Ⅳ

danknull MK Ⅴ

danknull MK Ⅵ

スポンサーリンク

DankNull使い方は?

使い方は簡単です。

danknullを手に持ち“shift+右クリック”でGUIを開くことが出来ます。

開いたらしまいたいアイテムを“shift+クリック”(shift+クリックじゃなくても可)でしまえます。

設置するときは手に持った状態で“shift+マウスホイール”(設定により変わる場合アリ)で設置するものを選択し、右クリックで普通に設置できます。

便利でしょ?( *´艸`)

さらにdanknullにはもっと優れた機能があります!

danknullの優れた機能とは?

あると便利で、工業系だと意外に助かるかもな“搬出機能”を備えているのです!

まぁアイテムパイプやホッパーが必要になるんですけどね(´・ω・`)

今回はThermal Dynamicsのアイテム導管とSignalum Servoを使って搬出してみたいと思います。

まずDocking Stationを作ります。

danknull Docking Station レシピ

そしたら搬出先とDocking Stationを繋ぎます。

こんな感じ。

そしたらdanknullをDocking Stationにのせ、Signalum Servoの設定とdanknullの搬出設定をしていきます。

搬出するためのdanknullとSignalum Servoの設定方法

まずはdanknullの設定からしていきます。

赤枠部分“Do not extract”になっているので、このままでは搬出できない設定になってます。

これを“Ctrl+クリック”でモードを変えていきます。
(搬出したいアイテムそれぞれに設定が必要)

搬出したいアイテムの上で“Ctrl+クリック”すると・・・

赤枠分部“Extract all”になってるのが分かりますよね?

これでdanknull側の設定は終わりです。

続いてSignalum Servoの設定です。

Signalum ServoのGUIを開き歯車マークをクリックし、レッドストーンマークに変更。

 

はい、これで搬出されました。

今回石炭鉱石でやりましたが、他のものも出したい場合は先ほど紹介したdanknull側の設定を他のアイテムでも設定して出してください。

Signalum Servoのリストに設定して出したくないものを選択することも出来ますが、今回は必要ないと思うので省略します。

tomrin
とまぁ、今回はここまで! 超便利なdanknullをみなさんも試してみて下さいね(*´▽`*) レシピ紹介は省きましたが、JEIなど導入してなくて分からないとか、ここが知りたいんだよ! って方は、お問い合わせよりコメントもらえれば対応します! でも1.12.2ってレシピ確認できましたよね? 出来なかったらごめんなさいm(_ _"m) ではまた次回をお楽しみに( ´Д`)ノ~バイバイ

 

danknullのダウンロード先はコチラ

前提modのp455w0rd's Libraryのダウンロード先はコチラ









 

Twitterでフォローしよう

こんな記事もあるよ!