コラボ実況はじめました!
とゆうシリーズを始めました!
今回は3人という事もあり楽しく出来てると思います(^_^)
基本つまらない解説じみたとむりんの動画とはひと味違うかも?
一度見てみてくださいm(__)m

 

とむりん
片瀬、よみ、とむりんのコラボで工業!の再生リストにはココからもいけるよ!

 

今回はマイクラのバージョン1.12.2のMOD紹介をしていきます。

紹介するのはあの大人気な便利MOD、"Minefactory Reloaded"です!

正確にはMinefactory Reloadedではなく"Industrial Foregoing"とゆうMODになります。

そのMODの序盤の部分を軽く紹介していきたいと思います。

ダウンロードリンクは最後に載せてありますので是非ダウンロードしてみて下さいね!

[quads id=1]

プラスチック(Plastic)を作ろう!

Industrial Foregoingを始めるためにはまずプラスチック(Plastic)を作ることです。

MFRの時はゴムの原木からゴムが取れ、それを製錬してゴムの板、そのゴムの板を製錬して生プラスチック、さらにその生プラスチックを4つクラフトしてプラスチックシートが出来ました。

そのプラスチックシートにあたるものがプラスチック(Plastic)です。

Industrial Foregoingでのプラスチックの作り方はMFRとちょっと違い、機械を使い原木から作り出します。

ではその作り方をやっていきましょう。

Tree Fluid Extractorを作ろう!

これは原木から"Latex"とゆう液体を取り出すための機械になります。

必要素材
・レッドストーン
・かまど
・鉄の歯車
・石 
x 1
x 1
x 1
x 6

 

■レシピはコレ!

Tree Fluid Extractorレシピ

Tree Fluid Extractorを作ったら設置。

このTree Fluid Extractorはエネルギー不要なので隣に見えているThermal Dynamicsの導管にはつながりません。
なので設置場所はどこでもOK!

でこのTree Fluid Extractorの正面に原木を設置。
(普通に生えている木の前に設置してもOK)
注)他modで追加された木では一部ダメなものもありました。そうすると下記画像のようにLatexがたまり始めます。
1000mbでバケツ一杯分になるので1000mbたまったらバケツで取り出すことが出来るようになります。

原木はある程度したらなくなるので、再設置が必要になります。

 

Latex Processing Unitを作ろう!

[quads id=2]

Latex Processing UnitTree Fluid Extractorから取り出したLatex"Tiny Dry Rubber"とゆう素材にしてくれる機械になります。

必要素材
・レッドストーン
・かまど
・鉄の歯車
・Machine Frame
・鉄インゴット
x 1
x 2
x 1
x 1
x 4

 

ちなみにMachine FrameはThermal Expansion導入時のレシピになんで、Thermal Expansion導入してない方はJEIなどで確認しながら作ってみて下さい。

■レシピはコレ

Latex Processing Unitレシピ

Latex Processing Unitはエネルギーが必要なので導管などに接続して使って下さい。

自分の場合は下記画像のように設置しました。
後ろにはThermal Dynamicsのエネルギー導管が通っています。
いろんなMODの導管が繋がるので、いろいろお試しあれ。

で、Latex Processing Unitは水も必要なのでポンプで汲み上げてあげます。
今回はMekanismの電動ポンプを使いますが、ご自分の使いやすいポンプでいいと思います。

こんな感じにしてみました。
電動ポンプもエネルギーが必要なのでエネルギー導管に繋いでいます。

すると下記画像のようにエネルギー、水の両方が供給されているのが分かります。
左の緑色のゲージがエネルギー、真ん中の水色が水です。

一番右のゲージにはLatexを入れます。

Latexはバケツで入れることも出来ますが、面倒なので液体導管で自動搬入させます。
今回使う液体導管はThermal Dynamicsの導管です。

下記画像のようにしてみました。
繋いだだけでは自動的に流れないので、サーボとゆうThermal Dynamicsのフィルターのようなものをパイプに取り付け自動搬出しています。

これで原木さえ設置していれば勝手に"Tiny Dry Rubber"が出来ますね。

右のちっこいのが"Tiny Dry Rubber"です。

Industrial Foregoingだけでやろうとすると面倒くさいですが、他MODの力を借りればなんてことなく出来ますね!

"Tiny Dry Rubber"が出来たらいよいよプラスチックとご対面です。

プラスチック(Plastic)完成!

Tiny Dry Rubberが作れるようになり今回のゴールが見えてきました。

この後はもうなんてことなくプラスチックが作れちゃいます。

まず"Dry Rubber"をクラフトします。

このTiny Dry Rubberを下記画像のようにクラフトすると・・・
はい、Dry Rubberの完成です。

こいつを製錬してやると・・・


プラスチックの完成!

はい、これだけです。

このプラスチックさえ作れれば"Industrial Foregoing"の機械類はほぼ作れます!

これで機械が作れるようになるので1つ、自動化の方法をやっていきます。

原木自動設置しちゃう?

原木を手動で設置するの面倒くさいと思ったあなた!

Industrial Foregoingには自動設置してくれる機械もあります。
そんな便利な機械も紹介しちゃいます。

Block Placerとゆう機械で内部インベントリに設置したいものを入れておくことで、前のものがなくなったら自動設置してくれるものになります。

必要素材
・レッドストーン
・ドロッパー
・Machine Frame
・プラスチック
x 1
x 3
x 1
x 4

 

■レシピはコレ!

Block Placerのレシピ

プラスチックが必要なのでプラスチックが作成出来てからになりますね。

そしてもちろんエネルギーが必要なので下から供給しました。


これで設置完了になります。

今回は当たり前ですが原木を入れておきます。


こんな感じです。

これでいれた原木がなくならない限り自動設置を繰り返しやり続けてくれます。

スゲェ便利!!

是非お試しあれ(*´▽`*)

tomrin

とゆう訳で今回はここまで!

最後まで読んでいただき、ありがとうございましたm(_ _m)

次回のMOD紹介をお楽しみにぃ( ´Д`)ノ~バイバイ


 

■1.12.2版のMFR、Industrial Foregoingのダウンロードリンクはコチラ
※Industrial Foregoingの前提mod
Tesla Core Lib
Forgelin

■Industrial Foregoingで自動植林施設を作りたい方はコチラ

■大人気の地図MODのJourney Mapが気になる方はコチラ









 

Twitterでフォローしよう

こんな記事もあるよ!